» 2014 » 4月のブログ記事

歯はすべての健康に繋がっていると思います。
歯が悪いと食事もままならないわけです。
歯医者さんには4ヶ月に1度の割合で出向き、定期的に歯のお掃除をしています。
医師にはきちんと歯磨きをすれば、8020は大丈夫ですよと言われています。
8020とは、80歳になっても20本の歯が理想ということから、歯の手入れをきちんとしましょうという運動だそうです。
日ごろから歯磨きは丁寧にしているほうで、3分から5分は磨きます。
左の上から右にかけてブラシを使い、その後は裏側を磨きます。
それが終われば下の歯も同様に磨きます。
その習慣をつけてからは、適当な磨き方ができなくなりました。
磨き残しは歯周病になりやすく、きちんと磨くようにこころがけています。
医師にごしごし磨きすぎると言われたこともあります。
力はいらないそうです。
細かく丁寧に磨くことが大事だと言われました。
父は40代で部分入れ歯になりました。
その原因はやはり歯磨きをきちんとしなかったということでした。
部分入れ歯でもかなり不自由だった様子をずっと知っているので、同じ経験を味わいたくないなと思いました。
やはり歯は大切だと身内を見ていて思いましたね。
歯が黄色いのを何とかしたい

ディズニー映画『美女と野獣』が今の私のマイブームです。
実は、年の離れた弟がまさかのこの作品を知らないと事を子知った為、ぜひ見せたいと思い、私も久々に見てハマってしまったのです。
映画公開当時、まだ子供だった私ですが、鮮明に内容はしっかり覚えていました。
なので、物語の結末もしっかり覚えていました。
そうでありながら、物語として先が気になる、又、ワクワク感が絶えない映画です。
特に私が好きな所は、ミュージカルを取り入れた演出と楽曲です。
ディズニーの曲の中でも、劇中どの曲も良いという意味で1位です。
2位は『アラジン』かな?。
主人公のベルのキャラクターを表した「朝の風景」や、パーティー宴会を表現した「ひとりぼっちの晩餐会」は楽しくてしょうがありません。
メインテーマ曲の「美女と野獣」くらい好きです。
中でも、マニアックな所ですが、悪役として出てくるガストンという筋肉マッチョの人の歌が地味に好きです。
何回か劇中歌うのですが、ラストの方で歌う、野獣のお城に村人を鼓動して攻めこむシーン、その曲が地味に好きです♪ 私は、ディズニーの悪役・ヴィランズ達が結構好きなので、鳥肌モンです。
ちなみに、悪役だけで言えば、『アラジン』のジャファーや、『リトル・マーメイド』のアースラが私の中ではヴィランズでは1位と2位です(笑) でも、やはり演出や曲、華やかさや楽しさ等、総合的に見ると、『美女と野獣』が一番ですね。